« 2009年11月 | メイン | 2010年01月 »

湖は全面氷結 / 湖面は真白な大雪原となっていた

2009年12月26日

快晴の朝、大雪山麓は放射冷却で最低気温は零下19℃まで下がった。
しばれる朝でしたが、厳寒の景色を求めて家を飛び出しました。

大雪山の麓の忠別湖は、全面氷結し真白な雪原に姿を変えていました。


log276-09-12-26-00.jpg

   全面氷結した忠別湖の向こうに、大雪の山々が見えています。

     log276-09-12-26-00%20%281%29.jpg

                   log276-09-12-26-00%20%282%29.jpg

            旭岳温泉へ向かう途中の第五駐車場からの景色です。

  
 日が昇り、太陽の光が強くなってきた時、空中にキラキラとダイヤモンドダストが、
 輝き始めた。 

**********************
P.S. 記念写真
 
 30日に、町内3班のご家族での恒例の餅つき大会です。
 子供たちは、どんどん大きく育って行きますので、記録にアップします。

log278-09-12-30-00.jpg log278-09-12-30-00%20%281%29.jpg

 みんなで乾杯!

log278-09-12-30-00%20%282%29.jpg   log278-09-12-30-00%20%283%29.jpg

来年は、もっともっと大きくなってるのでしょね。

log278-09-12-30-00%20%284%29.jpg log278-09-12-30-00%20%285%29.jpg

log278-09-12-30-00%20%286%29.jpg log278-09-12-30-00%20%287%29.jpg log278-09-12-30-00%20%288%29.jpg

log278-09-12-30-00%20%289%29.jpg log278-09-12-30-00%20%2810%29.jpg log278-09-12-30-00%20%2811%29.jpg

 子供たちも、若いパパ、ママさんも、元気な中年お父さんもお母さんも
 元気でお餅つきをしました。

 皆さん、良いお年をお迎えください。


卓球クラブ / 今年最後の例会、茶話会で締めくくりました

2009年12月25日

60才以上の町民の方々が自主運営している「しらかば学級」のクラブ活動に卓球が
有ります。
クリスマスの日が、今年最後の例会となりました。
激しい?ラリーで汗を流した後、茶話会で、今年の活動を締めくくりました。


log275-09-12-24-00.jpg log275-09-12-24-00%20%281%29.jpg

log275-09-12-24-00%20%283%29.jpg log275-09-12-24-00%20%282%29.jpg

      体育館の中には13台の卓球台が並び、みんなで楽しみます

             log275-09-12-24-00%20%285%29.jpg

   クラブの役員さんは昭和初期に生まれた方々ですが、まだまだお元気です。

log275-09-12-24-00%20%287%29.jpg log275-09-12-24-00%20%286%29.jpg

   例会終了後、皆さん集まっての茶話会で楽しい時間を過ごしました。

 定例例会は、朝の9時から11時半まで、私の様なピンポンレベルから本格的な方
 までが代わる代わる打ち合いますが、こくクラブには試合が有りません。
 
 何年も続いているこのクラブ、健康の保持も大事ですが、卓球を通して人と人との
 気持ちの交流がこのクラブを支えている様に思えてなりません。

ホワイトクリスマス / 今年も雪のクリスマスとなりました

2009年12月24日

今日は、クリスマスイブ。

今年も、ホワイトクリスマスです。

夜、窓を開けるとサンタクロースが飛んで行くのが見えるかも知れませんね。


log274-09-12-24-00.jpg

           log274-09-12-24-00%20%281%29.jpg

  log274-09-12-24-00%20%283%29.jpg log274-09-12-24-00%20%282%29.jpg

         雪がクリスマスツリーをデコレーションしてくれました。


 今年のサンタクロース、私の心の靴下に何を入れていってくれるのでしょうか・・・


       

冬の庭にやってくる野鳥たち / 表情が豊かですね

2009年12月22日

  山から庭に野鳥がやって来る。

  飛来は、朝の決まった時間で、庭の木の枝にくくり付けたトウモロコシを
  少し食べては、次の訪問先?へ飛んで行く。

  やって来る野鳥たちには、それぞれの表情が有り、朝のひと時、我々を
  楽しませてくれる。


log273-09-12-21-00.jpg

log273-09-12-21-00%20%281%29.jpg 

log273-09-12-21-00%20%282%29.jpg log273-09-12-21-00%20%283%29.jpg

log273-09-12-21-00%20%284%29.jpg log273-09-12-21-00%20%285%29.jpg

     log273-09-12-21-00%20%286%29.jpg

      毎年、立ち枯れの茎に成長が悪かったトウモロコシが採り残る
      それを収穫し皮をむいて庭の木の枝にひもで縛り付ける。
      沢山は無いのでクリスマスまでには全てが食べられてしまう。

       野鳥達も厳しい自然中を懸命に生きています。
       私も前向きで表情豊かに生きたいと思います。
      
      

冬を歩く / 雪面に足跡を残しながらの散歩

2009年12月21日

   冬の散歩にはいろいろなコースがありますが、今日は家から近くの公園に
   散歩に出ました。

   公園を一周、雪面には歩いた足跡が残っていました。

       log272-09-12-20-01.jpg

log272-09-12-20-02.jpg

log272-09-12-20-03.jpg

       log272-09-12-20-04.jpg

    歩くと、キュー、キュー、キューという音が雪から聞こえてきます。

    雪の散歩、寒くないと云うとウソになりますが、雪と氷の不思議な
    自然を観察出来ます。

スキー初滑り / 町内のスキー場がオープンしました 

2009年12月20日

12月19日(土)、町内のスキー場、キャンモアスキービレッジがオープンしました。
早速、初滑りに行って来ました。

log271-09-12-18-00.jpg

  スキー場の挨拶後の第一声は、雪不足なので「コースのコンデションは
  不十分です、安全に気を付けられてお滑り下さい」でした。

   log271-09-12-18-00%20%281%29.jpg

log271-09-12-18-00%20%282%29.jpg
     
        キトウシ山の山頂まで、高速リストで上がります。 

log271-09-12-18-00%20%283%29.jpg

  オープンしたのは、一つのコースのみで、残りのコースは雪待ちでした。

   log271-09-12-18-00%20%284%29.jpg

       朝一番、元気な子供達が滑り降りて行きました。

     移住後に始めたスキー、7シーズン目に入りました。
     スキーのお陰で、雪を楽しみ、冬を元気に過ごす事が出来ます。
     

 キャンモアスキービレッジのHP 
    http://wakasaresort.com/canmore/


      P.S.
   もう一つの町内スキー場、標高1600mから大雪の山を4kmにわたって
   滑り下りる 旭岳スキー場も今日からオープンしました。

  旭岳スキー場HP
  http://wakasaresort.com/asahidakeropeway/ski/index.htm 
 

ケアマネージャーさんが亡くなられました / 残念です・・・

2009年12月19日

  在宅介護の義父母のお世話をして頂いたケアマネージャーさんが、お亡くなられました。
  とても、とても 残念です。

          log270-09-12-18-00.jpg

   亡くなられたケアマネージャーさんは、7年前、寝たきりの義母と光を失った
   義父を鎌倉から旭川空港まで移動した時に、旭川空港に車いすで出迎え
   てくれた方で、その後も両親を看取るまでお世話を頂きました。

   いつも笑顔、優しい人柄が義父母や私達を癒してくれました。
   両親が天国へ旅発った後も、時々、会いに来てくれ、私達を勇気付けてくれ
   ました。
   最近は、登山を始められ、登った山の話を嬉しそうに話していました。
   「一緒に山へ登ろうね ! 」が最後の言葉となってしまいました。

   天国では、元気に戻った義父母と、ゆったりと楽しい話しをしてくれる事と
   思います。 

   最後に、「ありがとう」の言葉で、ご冥福をお祈りします。
   

日の出で体内時計をリセット / 朝、太陽の光を浴びる

2009年12月17日

     今日はしばれる寒さだったので、朝の太陽の光は窓から浴びる。
     体内時計がリセットされ、一日が始まる。


log269-09-12-17-00.jpg

   窓を通して朝日を浴びる、体も心もリセットして一日をスタート。

log269-09-12-17-00%20%281%29.jpg log269-09-12-17-00%20%282%29.jpg

 放射冷却の朝は「しばれる」氷点下10℃ そんな中、カケスがやって来る。

log269-09-12-17-00%20%283%29.jpg log269-09-12-17-00%20%284%29.jpg

       積雪は20センチ、 庭は一面の銀世界。 

   log269-09-12-17-00%20%285%29.jpg

    今日は、部屋の中からパチリ、遠く十勝の山が朝焼けしていた。


     だからどうなの? と云われると困りますが、朝日を浴びると
     不思議と元気が出てきます。
    

時々、夫婦で映画を見に出かけます / カールじいさんの空飛ぶ家

2009年12月16日

朝の除雪を終え、午前中は空いていたので妻と二人、車で30分、雪道を走り
映画を見に行きました。

前回は長編映画「沈まぬ太陽」だったので、今回はディズニーアニメ映画「カール
じいさんの空飛ぶ家」を見る事にしました。

   log268-09-12-16-00.jpg

               log268-09-12-16-00%20%281%29.jpg

                映画館は隣町、雪道を走ります。
                夫婦割引で安く見る事が出来ます。

   log268-09-12-16-00%20%282%29.jpg

    邦画、洋画など10本の映画か同時上映されています。

               log268-09-12-16-00%20%283%29.jpg
                平日の朝です、希望の席を指定出来ます。

     log268-09-12-16-00%20%284%29.jpg

       アニメ映画、ゆったり見る事が出来ました。


  幾つになっても、夢は持ちたいものですね、「夢」って生きる元気をくれます。


    「カールじいさんのそら飛ぶ家」の公式HP
     http://www.disney.co.jp/movies/carl-gsan/

お餅つき / お年寄りと小学生がコラボレーション

2009年12月15日

 雪が降る中、地域のお年寄りと小学校全生徒23名が共同でお餅をつきました。
 地域の第六回サロン活動は、お正月を先取りして餅つき大会を開催しました。

   log267-09-12-14-00.jpg
log267-09-12-14-00%20%281%29.jpg

log267-09-12-14-00%20%283%29.jpg log267-09-12-14-00%20%282%29.jpg

婦人部の方が、もち米を蒸してくれました。 石のうす と 木のうすです。

log267-09-12-14-00%20%284%29.jpg log267-09-12-14-00%20%285%29.jpg

 長年餅をついてきた経験を披露し、子供たちに餅のつき方を教えてくれました。

log267-09-12-14-00%20%286%29.jpg log267-09-12-14-00%20%287%29.jpg

log267-09-12-14-00%20%288%29.jpg log267-09-12-14-00%20%289%29.jpg

 全生徒23名、元気にお餅をつきました。 いや~大人顔負けの子もいましたよ。

log267-09-12-14-00%20%2810%29.jpg log267-09-12-14-00%20%2811%29.jpg

 6年在籍数は一名、さすがでした。 いや~びっくり英語の先生、いい構えですね。

      log267-09-12-14-00%20%2812%29.jpg

      心のこもった美味しいお餅がつきあがりました。

log267-09-12-14-00%20%2813%29.jpg log267-09-12-14-00%20%2814%29.jpg

 地域の方と雑煮や黄粉餅・ごま餅・あんこ餅・納豆餅など子供たちも作りました。

log267-09-12-14-00%20%2815%29.jpg log267-09-12-14-00%20%2816%29.jpg

           log267-09-12-14-00%20%2817%29.jpg

        いただきま~す!みんなで美味しく頂きました。   

    log267-09-12-14-00%20%2818%29.jpg

   せっかくなので皆でゲーム、チャンピョンは元気な小学生でした。

    log267-09-12-14-00%20%2819%29.jpg

    大きな声で「ありがとうございました」学校へ戻って行きました。

 このサロン活動、地域の高橋福祉部長さんや部員さんを中心に、婦人部の方や
 東川町社会福祉協議会の方々・役場の看護師さんの協力を得て開催しています。

  地元でお互いが支えあえる町、そんな町にしたいものですね。
 

スキー&スノーボード教室 / パウダースノーを滑るぞ~!

2009年12月12日

東川町内のスキー場は、残念ながらまだ雪不足で滑る事が出来ません。

旭岳スキー場、昨日オープン予定でしたが、雪不足で積雪待ちです。
市街地隣接のキャンモヤスキービレッジは19日がオープン予定ですが、
雪不足状態、来週の天気予報、雪だるまが並んでいますので予定通りに
オープン出来るかも知れません。

そんな中、今日の新聞折り込みに町民スキー&スノーボード教室募集の
案内が入っていました。
今シーズンは1/10~1/12の3日間、東川町スキー連盟の指導員の
方々が指導をしてくれます。

私達夫婦も、移住後始めたスキー、この教室で教えて頂き、それなりに
滑れる様になりました。加えて、沢山の人達と知りあう事が出来ました。

   log266-09-12-12-00.jpg

         *******************************************************
  咋シーズンの町内スキー場
            log266-09-12-12-00%20%281%29.jpg

                 キャンモアスキービレッジ
 
    log266-09-12-12-00%20%282%29.jpg

                旭岳スキー場です。
     
      12/11より旭岳ロープウエイの冬季運用が始まりました。
      真冬の大雪の山々の真白な景色は、雄大で美しいですよ
      ぜひ、おでかけ下さい。 

      雪質について、難しい事は解りませんが、パウダースノーは、
      スキーを上手に滑らせてくれます。


             log266-09-12-12-00%20%283%29.jpg

             log266-09-12-12-00%20%284%29.jpg 

             log266-09-12-12-00%20%285%29.jpg


    厳冬期の大雪の山でのスキー、今シーズンも快晴無風の日にスキー滑走と
    大自然の景観を見に行って来ます。
    
    
  

今シーズン初の真冬日 / 氷点下15℃の朝

2009年12月11日

      今日の朝は氷点下15℃まで下がった。

      最高気温が0℃未満で今シーズン最初の真冬日となった。

      「しばれ~る!」

log265-09-11-00.jpg

         路面も圧雪アイスバーン、走行注意です。

   log265-09-11-00%20%281%29.jpg
      
               木の枝も着氷でお化粧。

log265-09-11-00%20%282%29.jpg

             湖面の氷結も間もなくでしょうか。


  スーパーの駐車場等の路面が凍り、滑りやすい。
  しっかりと滑り止めのきいた靴を履き、注意して歩く。
  この時期、歩き方に、本物の道民とにわか道民の差が現れる。


 P.S.
          log265-09-11-00%20%284%29.jpg

        寒さなんか関係ネ~、野鳥は元気だ!

  
              


20万キロに挑戦 / 移住6年7か月で走行距離100000Kmとなりました。

2009年12月10日

 どうって云う出来事では有りませんが、移住して早々に新車に乗り換えて
 6年7か月、走行距離が十万キロとなりました。

 ということで、今日は「車君、ご苦労さま 記念日」となりました。

        log264-09-12-10-00.jpg

             log264-09-12-10-00%20%281%29.jpg

             log264-09-12-10-00%20%282%29.jpg

    移住後は、アメリカでは有りませんが車・車・車の生活でした。
    在宅介護をしていた関係で、あまり遠出は出来ませんでしたので走行
    距離のほとんどは生活の為の移動距離です。

  これからは、北海道内を少し走って見たいと思いますので、20万キロ
  なんて直ぐかも知れません。
  老後生活、あまり余裕はありませんので、車君にも、もう一頑張りして
  もらいます。
  

 
 
 
 

妻と二人で夕暮れの雪上散歩

2009年12月09日

   季節は冬、散歩も雪の上となり、妻と二人、夕暮れの散歩となりました。

log262-09-12-08-00.jpg

       log262-09-12-08-00%20%281%29.jpg

log262-09-12-08-00%20%282%29.jpg log262-09-12-08-00%20%283%29.jpg

冬の夕暮れは早く、家に戻って間もなく我が家のシンボルツリーに灯が入りました。

     雪は最高で膝の上ぐらいまで積もりますが、雪の深さに合わせて
     長靴から、ワカンやスノーシューの歩行に変わります。
     雪上の散歩、冬の生活の一部なのです。

  P.S.
   雪が深くなると、ワカヤや西洋ワカン(スノーシュー)を付けて雪の
   上を歩きます。
   ワカンは大型雑貨店で、何時でも安く手に入りますが、スノーシューは
   スポーツ具店で販売しています。

        log263-09-12-10-00.jpg

         スノーシューです。
         長ぐつでも、登山靴でも履く事が出来ます。

        log263-09-12-10-00%20%281%29.jpg

         ワカンも活躍しています。  

 北海道、自宅の玄関から行先の玄関までは、車なので雪道を歩く機会は
  多くは有りません。スノーシューやワカンは日常生活の中では履く事は
  ほとんど無く、家庭の常備品では有りません。

男の料理教室 / ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)

2009年12月08日

東川町のしらかば学級とぼだい樹の会の共催で「男の料理教室」を開催しました。

本日献立 ・白菜とひき肉の重ね蒸し
       ・じゃこ入りきんぴら風煮
       ・具いっぱい味噌汁
       ・ご飯
       ・フルーツヨーグルト

 町の栄養士さんの楽しい講座と料理方法の説明の後、調理室で料理に入りました。
 何時も料理をされている男性、食べるのが担当の男性の方々が楽しく料理しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log261-09-12-08-00.jpg log261-09-12-08-00%20%281%29.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  栄養士さんから、食べ物のバランスや塩分の取り方についてのお話に続き
  今日の献立、料理方法についての説明を受けました。
  
     log261-09-12-08-00%20%282%29.jpg

     「漬物は美味しいですが、塩分の取り過ぎは、いけませんよ」


     log261-09-12-08-00%20%283%29.jpg log261-09-12-08-00%20%284%29.jpg

           大さじ、小さじ、計量の仕方の確認です。

log261-09-12-08-00%20%285%29.jpg log261-09-12-08-00%20%286%29.jpg

               なかなか、良い手付きです。

log261-09-12-08-00%20%287%29.jpg log261-09-12-08-00%20%288%29.jpg

           どんどん料理が出来上がっていきます。

           log261-09-12-08-00%20%289%29.jpg

               レザートはフルーツヨーグルト

      log261-09-12-08-00%20%2811%29.jpg

               さあ、出来上がりです。

log261-09-12-08-00%20%2810%29.jpg log261-09-12-08-00%20%2812%29.jpg

                    「 いただきま~す ♪ 」

        log261-09-12-08-00%20%2813%29.jpg

                   完食です。


  この行事は、東川町の調理室で開催、町の住民福祉課の方や食生活改善委員の方
  のご支援を受けて楽しく美味しく終わりました。
  いろいろとな準備や料理指導をして頂いた方々に感謝申し上げます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    ぼだい樹の会事務局 東川町社会福祉協議会内(Tel 0166-82-7505)
    
    問い合わせ  村田節子、室林亮子、丸谷泰寛


二十四節気「大雪」の日 / 暦通り、大雪となりました。

2009年12月07日

   皆様ご存じの通り、今日は二十四節気の「大雪」
   暦の上では、雪がいよいよ激しく降る時季との事、
   暦通り、今朝は大雪となりました。

   大雪山麓、大雪と云ってもこの程度の繰り返しで、年間積雪量は、
   およそ8メートル前後で、庭の雪も最高に積もって70センチ程度
   となります。

log260-09-12-07-00.jpg log260-09-12-07-00%20%281%29.jpg

          一晩で雪が、約10cm程積もりました。

log260-09-12-07-00%20%282%29.jpg log260-09-12-07-00%20%283%29.jpg
 
          早速、町の除雪車が、道を除雪してくれました。


          log260-09-12-07-00%20%284%29.jpg

 朝、玄関前を運動不足解消のために除雪をしましたが、その後も積もり続けています。  

log260-09-12-07-00%20%285%29.jpg log260-09-12-07-00%20%288%29.jpg

    クリスマスツリーもそれなりの雰囲気となってきました。


    冬の北海道、雪は不思議で素敵な風情を見せてくれます。


あれ~! 昨日の暴風雨で雪が融けてしまった。

2009年12月06日

  朝起きたら、あ~ら大変、ウッドデッキに置いてある物入れ、バケツ等々が
  ひっくりかえっているし、庭の雪も融けて芝が顔を出している。
  犯人は、昨夜の暖かく激しかった暴風雨だ。
  お陰で、我が家の積雪はゼロとなった。

 log259-09-12-06-00.jpg

        昨日は雪が有ったのに、朝は芝達が顔を出していた。

log259-09-12-06-00%20%281%29.jpg log259-09-12-06-00%20%282%29.jpg

   我が家の庭も雪が融けて積雪ゼロとなり、ラベンダーもこの通りです。

    日の天気予報は夕刻から雪、束の間の積雪ゼロ日となりそうだ。


  ところで、昨日の夕日は綺麗でした。
          log259-09-12-06-00%20%283%29.jpg

    

厳寒、霜柱君は元気一杯、水の流れも凍結 / 冬らしくなってきました

2009年12月05日

今朝は、放射冷却で最低気温がマイナス12℃となりました。

室内着の上に、よれよれのダウンジャケットをひっかけて外へ出ました。
顔も手も寒気でひっゃとしましたが、冷たい空気からは、冬の匂いが感じら
れました。
外は結氷の世界です、一番頑張っていたのは、霜柱君で「いや~」と挨拶を
された様な気がしました。

log258-09-12-05-00.jpg

log258-09-12-05-01.jpg

    寒さが空気を綺麗にしてくれたのか、山が良く見えた朝でした。

  log258-09-12-05-02.jpg

      log258-09-12-05-03.jpg

        雪の表面が、朝日に照らされキラキラと輝いています。

  log258-09-12-05-04.jpg

              水の流れも凍ってしまいました。

     log258-09-12-05-05.jpg

       
        log258-09-12-05-06.jpg

                氷、私が乗っても割れませんでした。

     log258-09-12-05-07.jpg

           霜柱君が一番元気で、寒さに負けません。

  log258-09-12-05-08.jpg

     log258-09-12-05-09.jpg

           玄関の透明ガラスについた結晶模様

      log258-09-12-05-10.jpg

           家に戻ると、庭の木に一羽の野鳥が来ていました。 
         P.S. 鳥の名前:アカゲラ(コメントで教えて頂きました)        
  
      家の周辺を一回り、やっぱり寒いです。
      家に入ると、暖かな空気、なんとなく嬉しい感じがします。

  北海道へ移住7年「温まっていきなよ!」の意味が少しわかった様な気がします。 

雪の庭・クリスマスイルミネーション・雪帽子をかぶった大雪の山々

2009年12月04日

 大雪山麓の天候、12月は例年に比べて温かく、雪は少ないとの事でした。

 ちょっとまとまりが有りませんが、自宅の庭、クリスマスに向けたイルミネーション
 雪帽子をかぶった大雪の山々をアップしました。

log256-09-12-03-00.jpg
             
              庭、積雪5cmです。


log256-09-12-03-00%20%281%29.jpg
        
         クリスマスイルミネーション 今年はちょっとエコしました。
         今年も、ホワイトクリスマスとなるでしょう。 
 

log256-09-12-03-00%20%282%29.jpg

log256-09-12-03-00%20%283%29.jpg

log256-09-12-03-00%20%284%29.jpg
            
            大雪山系の山々、真っ白でした。
  

 大雪山麓、冬の景色はダイナミックです。
 雪って不思議ですね、秋の景色を一変させ、銀世界へと変えてしまいます。

 これから、気温が下がると雪の結晶を見るのが楽しみです。

 旭岳のスキー場は12月11日(金)のオープンを予定しています。
 雪の積雪状態で確定では有りませんが、いよいよスキーシーズン到来です。

 
 P.S. 12月4日朝、今シーズンで一番寒い朝でした。
    
    インターネットで見る東川町の朝5時の気温はマイナス10.1℃
    我が家の2階の窓外に設置した外気温度計はマイナス7.6を示し
    ていました。(下の20.0度は、室内温度です)

        log257-09-12-04-01.jpg

    

大雪のお花畑を守ろう! 09年外来生物セイヨウオオマルハナバチの駆除活動終わる

2009年12月03日

外来生物セイヨウオオマルハナバチ(セイヨウ)の今年度の捕獲報告会と慰霊祭
が東川町で開催された。

外来生物のセイヨウが増えると、日本在来マルハナ蜂が駆逐され、氷河期からの
生き残っている高山植物が消えるかも知れない、「大雪のお花畑を守ろう」と始
まったのがセイヨウの監視と捕獲活動。

開催された今年度の報告会には、全道から活動家達が集まった。
報告会終了後、町内に作られたセイヨウの慰霊碑でささやかな慰霊祭が行わ
れ、セイヨウの冥福を祈り、今年の捕獲活動を終了した。

        log255-09-12-02-00.jpg

log255-09-12-02-00%20%281%29.jpg log255-09-12-02-00%20%282%29.jpg
上川支庁で運動を推進したIさんの司会で会が始まり、東大の研究員Nさんが
捕獲数集計やセイヨウ動向・解析結果が報告された。  

            log255-09-12-02-00%20%283%29.jpg

log255-09-12-02-00%20%284%29.jpglog255-09-12-02-00%20%285%29.jpglog255-09-12-02-00%20%286%29.jpg
活動家の方から、捕獲のノウハウや長い昆虫標本作りの経験を生かしたセイヨウの
標本作りの講座が開かれた。標本は捕獲活動に初めて参加する人々に配布します。
  (標本作り、いや~さすがです、この道40年、感服でした)

   log255-09-12-02-00%20%287%29.jpg
 慰霊祭の準備は、大雪と東川町の自然を守る会のメンバーが準備しました。

log255-09-12-02-00%20%288%29.jpglog255-09-12-02-00%20%289%29.jpg

log255-09-12-02-00%20%2810%29.jpglog255-09-12-02-00%20%2811%29.jpg

 この運動、氷河期からの自然遺産を守るためとはいえ、沢山のセイヨウの命を
 頂きます、今年は、可愛いキャンドルでセイヨウの冥福を祈りました。

     東大のセイヨウ情勢のHP(セイヨウ捕獲活動のまとめ)

         http://dias.tkl.iis.u-tokyo.ac.jp/seiyou/


   セイヨウの監視や捕獲活動を本格的に支援しているNPO法人ねおす
   大雪山自然学校が有ります。(大雪山自然学校プログ)

          http://blog.goo.ne.jp/daisetsu_2005


雪道の散歩 / ノルディック ウォーキング

2009年12月02日

雪が降る季節になると運動不足になりがちなので、町の保健師さんが
ストックを両手に持って歩く、ノルディック ウォーキング講習会を
開いてくれた。
ノルディック ウォーキングの普及指導の先生が、歩き方やその効果
などを講義された後に実際に道で歩き方実践した。

早速、我が家周辺の雪道をウォーキングして見た。

   log254-09-12-01-00.jpg
            頂いた、指導書の表紙です。

         log254-09-12-01-00%20%281%29.jpg
            企画してくれた保健師さん。

log254-09-12-01-00%20%282%29.jpg log254-09-12-01-00%20%283%29.jpg
             指導して頂いた先生

          log254-09-12-01-00%20%284%29.jpg
             歩き方のフォームをパチリ

log254-09-12-01-00%20%285%29.jpg log254-09-12-01-00%20%286%29.jpg
       我が家近くの公園の雪道を歩いて見ました。

         log254-09-12-01-00%20%287%29.jpg
        途中の木からは、ツララが下っていました。

log254-09-12-01-00%20%288%29.jpg
      公園を一周すると約2Km、遠くに我が家が見えます。 
   

  北国の運動と言えば、まずは雪かきですが、これは雪が降った時だけです。
  毎日、比較的に簡単に出来るのは、やはりウォーキングかも知れませんね。
  

我が家の運動不足解消は、町内のスキー場でのゲレンデスキーが主体です、シー
ズン券(とても安い)を購入し、連日滑りに行きます。
此方のスキー場はリフト待ちは無く、1~2時間で十分運動になります。

時間の空いた時は、近くで比較的簡単に登れる丘をスノーシューで登り雪景色を
楽しみます。
履物をスノーシューから歩くスキーに履きかえると、自宅の周辺はインスタント
コースに早変わり、1時間も歩くと汗が吹き出します。

その他、町の体育館ではヨガや太極拳、卓球やテニポン、エアロビックスや体育
内を歩く会などがあるそうです。

冬の運動、結構有るものです。
私は、年齢に相応した運動をプログラムして冬を楽しんでいます。
 

年代を超えて若者との交流 / ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)

2009年12月01日

   雪の降る日、ぼだい樹の会戸外行事として福祉学校生徒さんとの交流会を
   開催しました。

   会員さんにとってはお孫さんぐらいの若い学生さんと懇談したり、生徒
   さんによる手浴とハンドマッサージをしてもらったりと楽しい時間を過
   ごしました。

   その後、食堂で昼食会と懇談会を行い、お互いの介護状況・日頃の生活
   などの情報交換を行いました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log253-09-11-30-00.jpg log253-09-11-30-00%20%282%29.jpg
               北海道環境福祉専門学校
       log253-09-11-30-00%20%281%29.jpg

       雪道を町内の北海道環境福祉専門学校内の地域生活支援センター
       「ふれ愛の郷」へ向かいました。

    log253-09-11-30-00%20%2810%29.jpg
    
    施設長の澤谷先生から「ようこそいらしゃいました」と挨拶を頂きました

log253-09-11-30-00%20%289%29.jpg log253-09-11-30-00%20%288%29.jpg
  
  生徒さんの自己紹介と会員さんへの行事手順の説明やぼだい樹の会の
  会員さんと支援者の紹介、会の目的や活動状況を知って頂きました。


log253-09-11-30-00%20%287%29.jpg log253-09-11-30-00%20%286%29.jpg

log253-09-11-30-00%20%284%29.jpg log253-09-11-30-00%20%285%29.jpg
 
 いよいよハンドマッサージ、生徒さんに優しく手浴とマッサージをして
 もらいながら、スキンシップで年代を超えた会話が弾みました。
 おかげさまで、体も心も温かくなりました。

 
     log253-09-11-30-00%20%283%29.jpg

  終了後、生徒さん全員が「ふれ愛の郷」の前で見送ってくれました。

 P.S. この地域生活支援センター「ふれ愛の郷」の活動は、今年度北海道
    「福祉のまちづくりコンクール」に入賞しました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
   
    ぼだい樹の会事務局 東川町社会福祉協議会内(Tel 0166-82-7505)
    
    問い合わせ  村田節子、室林亮子、丸谷泰寛
  

プロフィール

プロフィール

鶴岡恒男
東川町在住
職業:無職
年齢:60代

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック