« 2009年08月 | メイン | 2009年10月 »

快晴の日、富良野岳に登って見ました

2009年09月28日

朝焼けが綺麗な朝、空は快晴、富良野岳を登りに出かけました。

log232-09-09-27-00.jpg

十勝岳温泉から標高1912mの富良野岳に向かいました。
登山口付近の紅葉はとても綺麗で、観光客の方が沢山来られていました。

log232-09-09-27-00%20%281%29.jpg      log232-09-09-27-00%20%282%29.jpg

 山頂に到着、快晴の青空の下360度の景色がダイナミックでした。
 遠く、羊蹄山が山の向こうに顔を見せていました。

 

log232-09-09-27-00%20%283%29.jpg

log232-09-09-27-00%20%284%29.jpg

山頂からは、十勝岳が目の前に、遠くには、白く冠雪した旭岳が見えて
いました。


    登山口周辺の紅葉も間もなく散り始めます。
    登山道には、霜柱が白く光り、水たまりには薄氷がはっていました。
  
    log232-09-09-27-00%20%287%29.jpg     log232-09-09-27-00%20%288%29.jpg


お隣の丘の町、美瑛町に出かけました。

2009年09月23日

さすが丘の町、美瑛の丘は素晴らしい景色でした。

丘は、ジャガイモ・ビート・牧草などの畑がパッチワークの様に綺麗でした。

美瑛の丘の美しい景色は、農家さんが丹精込めて栽培しているじゃがいも・
トウモロコシ・牧草やビート等々の作物畑の姿であり、大切な食糧の姿でも
有ります。
毎年、美しい花が咲き、秋には沢山の収穫が出来る様にと祈りました。

log231-09-09-22-00.jpg

 収穫が終わった丘は、土の色が輝いていました。

log231-09-09-22-00%20%281%29.jpg

 収穫された大豆が、青い帽子をかぶり天日干しされていました。
 なんとなく、可愛いですね。


log231-09-09-22-00%20%282%29.jpg

 東川町への帰り道、ひまわりいっぱいの丘が有りましたので、記念写真をパチリ。

log231-09-09-22-00%20%283%29.jpg

      log231-09-09-22-00%20%284%29.jpg

   ランチは、ちょっと奮発して、美瑛牛のビーフステーキを食べました。
   

 美瑛町、東神楽町、東川町はそれぞれが自立を推し進めている町で、3町で
 広域連合を組んでいます。
 各町の持ち味と特色を発展させながら、町作りをしています。

敬老 / 地域の皆さんで長寿を祝う会を開催しました

2009年09月22日

地域の長寿の方々をお祝いする「長寿を祝う会」を、地域の皆さんが開催しました。

この会は、地域にお住まいの75才以上の方々の長寿を地域のみんなでお祝いする会
で、地域の子供から高齢者までの世代大交流会でも有ります。
子供から長寿の皆さんまで、地域に住んでいる方の笑顔が見られた楽しい会でした。


log230-09-09-21-00.jpg log230-09-09-21-00%20%281%29.jpg

log230-09-09-21-00%20%282%29.jpg log230-09-09-21-00%20%283%29.jpg

北海道ならではの氷彫刻、朝、町内の名工が寿の文字を入れて作ってくれました。
        氷彫刻は、長寿の皆さんを迎えてくれました。

log230-09-09-21-00%20%284%29.jpg

          log230-09-09-21-00%20%285%29.jpg

 会の準備は、町内の役員さんを始め、たくさんの皆さんで準備しました。

log230-09-09-21-00%20%286%29.jpg

            log230-09-09-21-00%20%287%29.jpg

      町内の長寿の皆さん40名の方々に、ご出席を頂きました。
      最高齢白寿(99才)の方のお元気な姿に、私も元気を貰いました。

      log230-09-09-21-00%20%288%29.jpg

      小学校全生徒の1輪車の演技で楽しんで頂きました。

log230-09-09-21-00%20%289%29.jpg log230-09-09-21-00%20%2810%29.jpg

log230-09-09-21-00%20%2811%29.jpg log230-09-09-21-00%20%2812%29.jpg

log230-09-09-21-00%20%2813%29.jpg log230-09-09-21-00%20%2814%29.jpg

  あれ、舞台におひねりが飛びました、昔からの名残なのでしょうか・・・   

        log230-09-09-21-00%20%2815%29.jpg

     地域の各町内から、フラダンス、踊り、ジェンカ等々、の素敵な余興で
     長寿者皆さんに楽しんで頂きました。


 この地域は、農村地域なので3世代、4世代のご家族もいらっしゃいます。
 まだまだ、お年寄りの方を敬い思いやる心の残っている地域です。

私も、少しお手伝いで参加させて頂きましたが、ちょっと嬉しくなった行事でした。

 


自然にありがとう / 町内の地神祭(感謝祭)が行われました

2009年09月21日

  季節は秋、収穫に感謝する地神祭(感謝祭)が町内で開催されました。

  地神祭の後は、ジンギスカンを囲んで町内皆さんと懇談をしました。

log229-09-20-00.jpg

 今年の作柄は、天候不順の影響で、例年に比べて、やや不良とのことです。

log229-09-20-00%20%281%29.jpg log229-09-20-00%20%282%29.jpg

 町内の地の神様に感謝、私達移住者も家庭菜園の収穫に感謝をしました。

      log229-09-20-00%20%283%29.jpg

       地神祭に合わせる様に、夕日が輝いてくれました。

      log229-09-20-00%20%284%29.jpg
 
      北海道、やっぱりジンギスカンですね。
      おにぎりは、期待の新銘柄「ゆめぴりか」、いや~美味しかった。


追記(気象情報)

 今朝(9/21)、この秋の最低気温を記録しました。
 午前5時頃、我が家の外気デジタル温度計が1℃を示していました。
 昨日からの放射冷却で、寒い朝となりました。


大雪山麓、朝の散歩道は秋模様となりました

2009年09月19日

  朝の散歩、段々と秋模様となって来ました。

  ナナカマドの実は真っ赤になり、道端のひめりんごは,紅色に輝いていました。

      log228-09-09-19-00%20%281%29.jpg

            朝の散歩道、枯れ葉が散り始めました。

log228-09-09-19-00.jpg

      log228-09-09-19-00%20%282%29.jpg

           ナナカマドの実が、真っ赤になりました。


log228-09-09-19-00%20%283%29.jpg

  ひめリンゴ、一つもぎってかじりました、ちょっと硬く、甘味は少しでしたが
  リンゴの香りが一杯でした。


旭岳ファンクラブ / 東川町暮らしのフェアへ出店しました

2009年09月18日

旭岳ファンクラブ会員有志で、東川町キトウシ森林公園で開催された
暮らしのフェアのフリーマーケットに出店しました。

お店は、バードコールと蜜ろうのローソク・顕微鏡や登山の備品等を
販売しました。

体験コーナーは、蜜ろうのローソク作り、キトウシの森林を散策する
「さわやかウォーキング」を企画しました。

広報活動は、
 ・旭岳ファンクラブの活動の紹介と会員の募集。
 ・大雪のお花畑を守ろう! という事で、セイヨウオオマルハナバチの
  駆除活動をPRしました。

log227-09-09-18%20%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%E5%87%BA%E5%B1%95.jpg

 売上金は、会の活動費や国立公園利用環境の整備などに使わせて頂きます。

 当日は、天気に恵まれませんでしたが、沢山の方がお店に来てくれました。
 来店された方、バードコールや蜜ろうロウソクを買って頂きました方々、
 ありがとうございました。

 バードコールが、森で小鳥たちと一緒に囁き合い、蜜ろうローソクが家庭を
 癒しの光とさわやかな香りで楽しく、してくれている事と思います。
 

 ・今年3月に、このプログに掲載した「旭岳ファンクラブ」の記事です。
http://blog.hokkaido-np.co.jp/0141kome/oldentries/archives/2009/03/post_233.html

家庭菜園も不作の年、でも、食卓を支えてくれました。

2009年09月17日

我が家の露地での野菜作り、雨の多い日が続き、天候不順で不作でした。
特に、カボチャやスイカは、出来が良くありませんでした。
しかし、夫婦2人が食べる野菜は、十分に食卓を支えてくれました。

日照りの少ない日々の中で、一生懸命実を付けてくれた野菜たちに感謝です。

log226-09-09-16-01.jpg

 雑草は元気に伸び、草取りが追いつかない状況でした。


log226-09-09-16-02.jpg log226-09-09-16-03.jpg

log226-09-09-16-04.jpg log226-09-09-16-05.jpg

log226-09-09-16-06.jpg log226-09-09-16-07.jpg


          log226-09-09-16-08.jpg 

 今は、残り少ないトマト、ナス、トウモロコシ、ニンジン等々が収穫出来ます
これからは、豆類の収穫となります。

花たちの記念写真 / 間もなく枯れ始める、今、庭に咲いている花たち

2009年09月16日

大雪山に初冠雪
庭の花達も間もなく枯れ始めます。
今日、庭に咲いている花たちの記念写真を撮りました。

ちょっとたくさん有りますが、花たちの記念写真を見てあげてください。

log225-09-09-16-00.jpg

log225-09-09-16-00%20%281%29.jpg

 log225-09-09-16-00%20%282%29.jpg

            log225-09-09-16-00%20%283%29.jpg

 log225-09-09-16-00%20%285%29.jpg

            log225-09-09-16-00%20%286%29.jpg

 log225-09-09-16-00%20%287%29.jpg

            log225-09-09-16-00%20%288%29.jpg

 log225-09-09-16-00%20%289%29.jpg

            log225-09-09-16-00%20%2810%29.jpg

 log225-09-09-16-00%20%2811%29.jpg

 ちょっと長いですね。お付き合いください。

            log225-09-09-16-00%20%2812%29.jpg

 log225-09-09-16-00%20%2813%29.jpg

            log225-09-09-16-00%20%2814%29.jpg

 log225-09-09-16-00%20%2815%29.jpg

            log225-09-09-16-00%20%2816%29.jpg

 log225-09-09-16-00%20%2817%29.jpg

            log225-09-09-16-00%20%2818%29.jpg

 log225-09-09-16-00%20%2819%29.jpg

            log225-09-09-16-00%20%2820%29.jpg

 log225-09-09-16-00%20%2821%29.jpg

 「私も撮って!」と云うので、まだ有ります。

            log225-09-09-16-00%20%2822%29.jpg

 log225-09-09-16-00%20%2823%29.jpg

            log225-09-09-16-00%20%2824%29.jpg

 log225-09-09-16-00%20%2825%29.jpg

            log225-09-09-16-00%20%2826%29.jpg

 log225-09-09-16-00%20%2827%29.jpg

            log225-09-09-16-00%20%2828%29.jpg

 log225-09-09-16-00%20%2829%29.jpg

            log225-09-09-16-00%20%2830%29.jpg

 log225-09-09-16-00%20%2831%29.jpg

log225-09-09-16-00%20%2832%29.jpg

 
 ご覧を頂きまして、ありがとうございます。

 お好きな花が、有りましたか・・・。

 花たちも、きっと喜んでいます。

大雪山系のキタキツネ・蝉・バッタ

2009年09月15日

最近、山で見かけたキタキツネと蝉とバッタです。

 キタキツネは、帰り道に、道路へ出てきました。
 蝉は、エゾゼミ。
 バッタは、ダイセツタカネフキバッタです。

 log224-09-09-14-00.jpg

 まだ、若いキツネの様でした。

 log224-09-09-14-00%20%281%29.jpg

 蝉の模様が、アイヌ民族の方の衣装に柄が似ている様に感じました。


 log224-09-09-14-00%20%282%29.jpg

 ちょっと、覚えにくい名前のバッタですね。標高1800mで見付けました。

 高山には、そのほかにトンボや蜂に蝶など沢山の昆虫がいます。
 大雪の自然体系の中、その保全に役割を果たしています。

 


     
  

東川町が人生の楽園/テレビ取材から放映までの顛末

2009年09月14日

先月、東川町と私達夫婦がテレビで紹介されました。

テレビへの収録取材の依頼は、雪の季節に東京のテレビ局のプロデューサーさん
からの一本の電話から始まりました。
「もしもし、テレビA、人生の楽園のプロジューサーSと申しますが、ご夫妻の
生活を取材させて頂きたいのですが・・・」
 Sさんからは、番組の内容、我々夫婦を選択した理由などを手短に、ご説明を
頂きましたが、私達夫婦は、見た事の無い番組であり、「何で?我々なの・・・」
と素朴な疑問が最初でしたので、少しお時間を頂いた上でご回答をする事にしま
した。

log218-09-08-23-0.jpg

電話を頂いてからは、土曜の夕方に放映される「人生の楽園」を見せてもらいま
しが、番組は、第二の人生の生き様とお住みの町様子と主人公とまわりの人々の
交流が温かく描かれている番組で有り、取材を受けさせて頂く事にしました。

それから、2ヶ月後に再度、取材依頼の電話があり、私達は、ごく普通の夫婦で
ある事をお話した上で、取材をして頂く事となりました。

その後、担当のデレクターの方が、我が家へ事前取材に来られ、東川町の様子、
私達の生活等々を撮られ、東京本社で最終検討会が行われ、正式に取材依頼が
有り、何回かの取材内容や日程等々のやり取りが行われ、5日間の取材日程が
組まれました。

当日、取材スタッフ6人の方がやって来られ、取材が始まりました。

      log218-09-08-23-0%20%282%29.jpg

          日常の自然な姿を撮影していきます。 

      log218-09-08-23-0%20%283%29.jpg

log218-09-08-23-0%20%284%29.jpg log218-09-08-23-0%20%285%29.jpg log218-09-08-23-0%20%286%29.jpg

    取材時のスナップ、マイクを胸、送受信機器を腰に付けました。

あっという間の5日間、町内のいろいろな人と場所、我家と私達の夫婦の日常
などを沢山撮影し、風の様に引き上げていきました。

さて、番組の内容は、事前の連絡は無く、放映されるまで全く分かりません。
放映日は、不安と期待の中で番組を見る事となりました。 

番組は、我々夫婦はさて置いて、東川町と関わりの人々が、温かく素敵に描か
れ、私達夫婦にとっては、素晴らしい記念番組となりました。

番組に出て頂いた皆様、いろいろとご支援を頂いた町の方々、放送後に沢山の
メールや電話、お葉書を頂いた方々「ありがとうございました」

その後は、この番組の一視聴者として番組を毎週楽しんでいます。

      log218-09-08-23-0%20%281%29.jpg

 今回の取材メンバーの方々で、5日間に亘って東川町と私達夫婦を撮影して
 くれました。

 スタッフの皆様、お疲れ様でした。
 これからも、素敵な番組を作り続けてください。
 楽しみにしています。

人生の楽園 ホームページ


http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/contents/past/0033/

 

山に雪が降りました / 旭岳初冠雪を観測

2009年09月12日

大雪山系の旭岳、今日(9/12)、初冠雪が観測されました。
例年より二週間ほど早い、初冠雪でした。

        log-223-09-09-12-01.jpg

       日の出の頃は、旭岳は雲の中で初冠雪は観測出来ませんでした。


log-223-09-09-12-02.jpg

 山へ向かう途中、雲が晴れて、旭岳の冠雪が観測できました。

log-223-09-09-12-03.jpg

 姿見の駅から見た、旭岳の冠雪

log-223-09-09-12-04.jpg

 裾合平から見た、旭岳の冠雪、その下には万年雪が見えています。
 夏に一面に咲いていたチングルマは花は枯れ葉は紅葉していた。


log-223-09-09-12-05-1.jpg

log-223-09-09-12-06.jpg

 裾合平から北方向を見ると、北鎮岳も冠雪していた。


       log-223-09-09-12-08.jpg

log-223-09-09-12-07.jpg

 少し足を延ばし、標高1800mの露天風呂、中岳温泉で足浴を楽しみました。


さてさて、冬到来でしょうか?
まだ九月の中旬、ちょっと早すぎですね。
でも、美しい白・紅・緑の三色の山を見る事が出来ました。


美味しかった、しぼりたての生乳 / しらかば学級牧場見学

2009年09月12日

東川町の60才以上方が自主運営しているしらかば学級で、お隣の町の牧場
斉藤牧場さんを見学させて頂いた。

牧場主の斉藤さんからは、「大自然の中で人と牛が共同で作り上げた牧場は
地球の上の人間社会と同じ、何が大切なのかを教えてくれる」とのお話しがあ
りました。

log-222-09-08-31-00.jpg

町のバスで、さあ~出発です。


log-222-09-08-31-00%20%281%29.jpg  log-222-09-08-31-00%20%282%29.jpg

「いらしゃ~い」牛さんも歓迎してくれました。


log-222-09-08-31-00%20%283%29.jpg log-222-09-08-31-00%20%284%29.jpg

牧場主の斉藤さん、高齢ですがお元気です。
牧畜は人生、牛と共に歩んだ牧畜道を語ってくれました。

log-222-09-08-31-00%20%285%29.jpg 

そこのけ、そこのけ 牛さんが通る。

log-222-09-08-31-00%20%286%29.jpg log-222-09-08-31-00%20%287%29.jpg

私達の為に生乳を抜きとつてくれました。        コックをひねると生乳が・・・

しぼりたての牛乳を飲ませて頂きました。
いや~味の表現はできませんが、とてもこくがあり美味しかったです。
これは、朝、乳牛からしぼったばかりの乳を低温殺菌したものでした。


生乳は北海道の美味しい飲み物の一つです。
やっぱり、生は良いですね。

ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)特別講演会/地元で支える家族介護

2009年09月11日

 ぼだい樹の会(東川町男性介護者の会)では、立命館大学の津止先生をお迎えして
特別講演会を開催致しました。

「地元で支える家族介護」と題してのご講演を頂きましたが、改めて、介護される人
と介護する家族の方のご苦労と、地元での温かな支えがだいじで有るかを教えて
頂きました。

log221-09-09-08-00.jpg

log221-09-09-08-00%20%281%29.jpg

 津止先生は、社会福祉・地域福祉・ボランティアがご専門であると共に
男性介護者と支援者の全国ネットワークの事務局長としてご活躍中です。

log221-09-09-08-00%20%282%29.jpg

私には、ちょっと難しい所もありましたが、介護社会、介護の現状、介護の在り方
など、現場体験を踏まえて分析、今後の指針等をお話し頂きました。
ぼだい樹の会の今後の活動へ向け、活動の方向・支援者の在り方など、とても参考
になりました。

log221-09-09-08-00%20%283%29.jpg

 参加者からの質問に、先生は真剣に答えてくれました。

log221-09-09-08-00%20%284%29.jpg

 情熱的に介護支援を語られる先生、
 
log221-09-09-08-00%20%285%29.jpg

地元の材料を使ったお弁当と、大雪山の伏流水「大雪源水」でお腹も満足でした。


講演終了後、先生と会員さん・支援者による懇談会を開催させて頂きました。

会員さんの体験や支援者の本音のトーク、先生よりの全国の男性介護者の叫びや
感動のお話をして頂き、男性介護者への支援の有り方と共に介護される方・介護
家族・支援者を包み込んだ介護支援活動を地元に根付かせ、皆で支えていく活動
が大切である事を感じました。

ぼだい樹の会は、設立して一年が経ち、会員さんの範囲を、妻のみから、父母や
兄弟など、介護範囲を広げて支援活動を進めています。
とわいえ、ぼだい樹の会は、小さな介護支援グループですので、たいそうな事は
出来ませんが、男性介護者のポストになり、湯たんぽの様な温かな介護を続けて
行きます。


最後に、京都からはるばる大雪山の麓、東川町までお出で頂き、講演を頂きました
津止先生に、お礼申し上げます。

これをご縁に、男性介護者の支援活動のご指導を今後共にお願い申し上げます。

立命館大学 産業社会学部人間福祉学科

津止教授研究室のホームページアドレスです。

http://www.ritsumei.ac.jp/~tsudome/   


ねんりんピック北海道 / 東川町のヘルパーさん頑張る

2009年09月10日

今月、ねんりんピックが北海道で開催されました。
わが町のヘルパーさんが、**歳の部5Kmコースに出場し
頑張りの結果、全国7位に入賞しました。

Kさんの言葉「ねんりんを重ねることは、生きる励みになります」
との事でした。


log220-09-09-06-01.jpg

log220-09-09-06-02.jpg

Kさん、介護の道でも走っています。

今春、難関の介護福祉士の資格を取得、今日も、介護のフィールドを
元気で走っています。


プロフィール

プロフィール

鶴岡恒男
東川町在住
職業:無職
年齢:60代

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック