« 2006年10月 | メイン | 2007年02月 »

冬山となった大雪の山々

2006年11月16日

大雪山麓にも半月遅れの初雪が降った。
暫らくは、降っては融けてを繰り返し根雪になる事だろう。

そんななか、雪マークの天気予報がはずれて青空となった。
お陰で、大雪の山々が姿を見せてくれた。
山は、真っ白な雪に被われ、冬山の装いとなっていた。

旭岳のスキー場は2週間後の12月1日よりオープンとの事で
いよいよスキーシーズンが始まる。

log661.jpg
    東川町より見た大雪の山々

大雪山麓の初雪

2006年11月13日

昨日から雪が降り始め、今朝、窓を開けたら
そこは雪の世界でした。
今年の初雪は、昨年と同じ様に例年に比べて半月ほど遅れた。
これだけのことでなんとも云えないが、地球温暖化の影響で、
北海道の冬はだんだんと短くなるのだろうか?

大雪山麓、ホワイトクリスマが保証され、三月末には根雪が融ける。
そんな気候になると、本州からの移住者にとっては、住み良くなる
かも知れないが、今まで通り、ちょっと厳しい気候と大自然が北海道
本来の姿であり、これを守らなければいけないと思う。

log657-03.jpg

log658-01.jpg

プロフィール

プロフィール

鶴岡恒男
東川町在住
職業:無職
年齢:60代

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック