« 2006年04月 | メイン | 2006年06月 »

北海道移住者の野菜作り / 野菜の植え付け準備(畑にマルチをはる)

2006年05月28日

野菜の植え付け準備(畑にマルチをはる)
 野菜の苗を畑に植え付けるために畑にマルチをはった。
 これで植え付けの準備が出来たので、 いよいよ、野菜たちの
 植え付け作業に入る。
 
 
log276-01.jpg

         マルチシート(土の温度を上げる・雑草を押さえる)

log276-02.jpg

         野菜の苗たち

東川町の朝 / 天気の良さに誘われて、モーニングドライブへ

2006年05月27日

  天気の良さに誘われて、朝食前のミニドライブ
  旭岳へ向かう道路を少し走り、忠別ダムの湖畔で車を止めた。

  目の前の景色は、北海道最高峰旭岳と大雪の山々
  湖は凪、大雪の山々が新緑を従えて湖面に映えていた。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

   log275.jpg

             忠別湖の湖面に映る大雪山旭岳

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

             湖面の凪の日、なかなか有りません

北の国からの舞台、十勝岳も春山に衣更え

2006年05月22日

<北の国からの舞台、十勝岳も春山に衣更え>
朝起きて先ず窓を開ける。
大雪の山々が見えた時はなんとなく幸せ気分

このところ、晴天で暖かい日が続いたせいか、十勝岳の雪も大分融けて
真っ白な冬山から、残雪と山肌の模様が美しい春山に衣更えを済ました。

log270.jpg

自然災害の少ない東川町の宅地の値段 / 都会では考えられない値段

2006年05月22日

<東川町の宅地の値段>

北海道の各市町村では宅地の分譲を行なっている。
その価格は大都会の住宅分譲地と比べると格段に安い。

東川町でも宅地分譲をしているので、市街地分譲地と
郊外分譲地の例を紹介致します。

1.市街地分譲地「グリーンヴィレッジ」の場合
   坪単価:31,000円から38,000円
  周辺環境や区画・価格などを紹介しているウエブがありますのでアクセスしてみてください。
  http://www.town.higashikawa.hokkaido.jp/greenvillage/index.htm

2.東川町郊外の「優良田園住宅」の場合
   坪単価:20,000円から22,000円
   こちらの場合は分譲地の広さが約200坪から300坪と広い
   詳しくは、東川町のHPに「優良田園住宅」の項目がありますのでアクセスしてみてください。
http://www.town.higashikawa.hokkaido.jp/jp/index.htm

宅地の選択は、お住みになる方のライフスタイルで選択されたようです。
  釈迦に説法ですが、宅地選びはその町で日の出から夕陽までじっくりとご覧になり、そこに住む
  方とお話しをされて、周辺をゆっくり歩くなりドライブなりされてからご判断されると良いと思います。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 大雪山麓東川町は、自然災害の少ない地域と云われています。
 確かに、関東に比べて地震も少なく、台風の襲来もすくない、回りが山なので
 風も弱い、でも、春夏秋は素晴らしい気候だが、冬は雪です。

  

大雪山麓に桜前線が到着 / 桜が咲いた日

2006年05月17日

<桜前線が到着、桜が咲いた日>

沖縄から出発した桜前線、大雪山麓に到着しました。
今日は桜開花記念日となりました。
これで、大雪山麓も本格的な春、花壇作り畑の作業、
道内の名所めぐりと忙しくなります。

  この桜の名前はエゾ山桜といい、花と葉が一緒に芽吹きます
  つぼみから開花まで、長い間楽しませてもらいました。
log263-03.jpg

北海道移住! 始めの一歩

2006年05月16日

<移住!始めの一歩>

 北海道への移住を考えた時、インターネットで調べました。
 検索をしながら、いろいろなことが頭の中を走り、勝手な思いや勝手な
 想像で移住計画が広がったり、縮んだりとしましたが、始めの一歩は
 移住候補地を自分の目と肌で感じることでした。

 そんな時に、助けて頂いたのが東川町役場の移住相談窓口でした。

 現地の文化・医療・交通環境、土地の値段、建築費用、春夏秋冬の
 生活、特に厳冬といわれる冬の生活への不安等々を聞きました。
 いろいろと聞いた結果、移住へ向けて、60点程度の事前準備が出来、
 残り40点は現地や周辺環境を実際に歩いてみて加算し、移住を決断
 しました。

 <東川町役場 大雪山の見える田舎暮らし相談窓口>
*HPのTOPICS:「東川町移住相談窓口」開設をクリックしてください。
 http://www.town.higashikawa.hokkaido.jp/jp/index.htm 
 

大雪山麓東川町郊外の太陽 / 日の出から夕日まで見られます

2006年05月16日

東川町は標高 215 mのところにあります。

大雪山から日の出から、旭川市方面へ沈む夕日まで太陽が見られます。

夕日は、その日その時で、違った美しさを見せてくれる。
 
<夕日>
log248.jpg

東川町郊外の桜はつぼみ、桜前線まもなく到着

2006年05月15日

大雪山麓の桜、花芽から、やっとあかいものが見えてきた。

明日か明後日には桜前線が到着し、開花するのではと期待をしている。

大雪山麓の桜、これからが季節で、いろいろと楽しめる。

             <エゾ山桜のつぼみ>

log261-01.jpg

北海道移住者の家庭菜園 / アスパラが芽を出した

2006年05月15日

我が家の小さなアスパラ畑、アスパラが芽を出した
朝もぎのアスパラ、たまらなく美味しい。

<美味しいアスパラが、芽を出した>
log258-02.jpg

東川町から見える大雪の山々

2006年05月15日

大雪国立公園の中に北海道最高峰の旭岳(2290m)は、東川町にあリます。

東川町は旭岳の麓に位置しているので、窓を開けると大雪の山々が飛び込んでくる。

晴れた朝、散歩気分で車を走らせると、絵葉書の様な景色が目の前に開ける。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

<北海道最高峰の旭岳(2290m)>

log251.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

大雪山麓東川町は北海道のどの辺にあるの、どんな町なの

2006年05月14日

 私の住む町は、人口は約7,500人の小さな町で、
 北海道第二の都市、旭川市の隣に位置しています。
 
 大雪国立公園が町内に位置し、北海道最高峰の旭岳はその一つであり、
 春夏のお花畑、秋の紅葉の時期には 多くの観光客で賑わいます。

 写真の町としても有名で、全国の高校生が写真で競う写真甲子園など、
 いろいろな写真のイベントが行なわれ ています。

 また、クラフトも盛んなところで、町の丘陵地帯にあるクラフト街道には木工、
 陶器などの多くの工房があります。

 私たちは、町の市街地から6Km程、旭岳の山麓を登った農村地帯に移住し、
 そこで生活をしております。

<東川町HP>
http://www.town.higashikawa.hokkaido.jp/jp/index.htm

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

<東川町の遠景>

log240-02.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

プロフィール

プロフィール

鶴岡恒男
東川町在住
職業:無職
年齢:60代

ブログ内検索

カテゴリー

最近のエントリー

バックナンバー

コメント

トラックバック