移住者の冬はアウトドア・雪と遊びました / 東川町郊外

2019年05月02日

道新ブログは6月に終了します。過去のブログで振り返っています。

冬は半年、楽しく過ごす方法はいろいろと有りますが、雪遊びが

いいですね。歩くスキー、スノーシューをはいてハイキング、雪の

露天風呂周りもいいですね、家の周りの除雪も移住当初は遊びでし

が加齢とともに段々と労となって来ました。でも、定年後に始めた

スキーは移住16年、続いています。

東川町、町内にスキー場があり、役場職員の方や、スキー学校の先生

スキー場集う人々のスキークラブなどスキー上達への環境が整ってい

ますので、ぜひトライしてみてください。

何かを見つけて、冬を楽しんでくださいね。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

雪上散歩 / 残雪の中、水芭蕉が咲く旭岳中腹を散歩しました

2009年05月24日

霧雨が降る朝、旭岳ビジターセンター前に集合です。
残雪の旭岳中腹を散歩しました。


log181-09-05-23-0.jpg log181-09-05-23-01.jpg

 大雪山自然学校の沢辺さんをリーダーに、今年度の大雪山パークレンジャーの
 人達、北海道教育大学の山岳ボランティアグループと山好きな町民の方が参加
 しました。

log181-09-05-23-02.jpg 

log181-09-05-23-03.jpg

log181-09-05-23-04.jpg  log181-09-05-23-05.jpg

雪が融けた所には、水芭蕉・やちぶきの花などが咲いていました。

log181-09-05-23-06.jpg log181-09-05-23-07.jpg

 雪道を上がったり下ったり滑ったりしながら歩きました。

log181-09-05-23-08.jpg

log181-09-05-23-09.jpg log181-09-05-23-10.jpg

滑る道具の名を聞き忘れましたが、お尻の下に敷いて雪の斜面を滑りました。

log181-09-05-23-11.jpg

 一休み、温かな紅茶を飲んだキャンプ村の炊事場はまだ雪の下でした。

log181-09-05-23-13.jpg

日本で一番長期間滑れるクロスカントリーコース、学生さんが練習に励んでいた。log181-09-05-23-14.jpg

散歩の終点は元養魚場の池、温泉の影響で水温は温かく魚もザリガニも元気でした。

 まだ残雪の有る山肌、積雪時期のみの自由なコースを思い思いに歩きました。
 雪解けの穴にすっぽりはまってしまった人、山鳥の鳴き声を聞き分ける人、
 植物の名前に詳しい方、大雪山の活動歴史に詳しい人、動物の糞からその種類
 生態まで推測する方、私の様にただ聞いては見ている人と色々ですが、参加者
 さんの見識が重なり膨らんで楽しい自然観察散歩が出来ました。

 参加された若者方に、ずいぶん気を使って頂きました。「 ありがとう! 」

北海道移住者の趣味作り / 夫婦でゲレンデスキーを始めました

2007年12月24日

雪国移住、冬の楽しみの一つにスキーが有ります。 

 東川町には市街地から5Km程の近くの山に、スキー場があります。
 コースは初級から上級まで手頃なコースあります。
 気の向いた時にちょっと行って滑る、冬の楽しみに最適なスキー場です。

 まったくスキーが滑れなかった私達夫婦も今年で5シーズン目、
 上手くは有りませんが楽しくゲレンデを滑れる様になりました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

log790-07-12-24-04.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

  定年後、始めたスキー。
  東川町のスキー連盟の先生方に教えてもらいながら
  年齢にあった滑り方で、楽しんでいます。  

スキー場をひとり占め / でも春の兆しが・・・

2010年02月25日

   町内キャンモアスキー場、学校のスキー授業も終わり
   平日の朝、しばしゲレンデをひとり占めする事が出来ます。

   でも、このスキー場は、あと10日程でクロスします。
   そういえば、スキー場の上から見ると、春の兆しが見えてきます。

  log289-10-02-25-00.jpg

 朝一番、誰もいません。

log289-10-02-25-00%20%281%29.jpg log289-10-02-25-00%20%282%29.jpg log289-10-02-25-00%20%283%29.jpg

お姉さんが入口を開けてくれます。リフトの安全確保のお姉さん

「おはようございます」リフトの乗り降りはゆったりの高速リフト、

お兄さんが整備してくれてます。

「いつもお世話をして頂き、ありがとうございます」

log289-10-02-25-00%20%284%29.jpg log289-10-02-25-00%20%285%29.jpg 

リフトも貸切状態、ちょっと申し訳ない気がします。

  log289-10-02-25-00%20%286%29.jpg

あまり上手くは滑れませんが、ゲレンデを楽しく

滑り下りられる様になりました。 

  log289-10-02-25-00%20%287%29.jpg

 ちょっと見にくいかも知れませんが、マイシュプールです。
 新雪の時には、もっとくっきり見えるのですが・・・
 

log289-10-02-25-00%20%288%29.jpg

 眼下のゴルフ場、オープンに向けて準備のため、コースに融雪剤がまかれました。

 あと数日で三月となります。
 リフトから見る木々は、何となく春めいています。
 農家さんのビニールハウスの作業も始まり、春へ向けての活動が始まりました。

P.S.

 中高年のスキークラブ「シックスオー」の例会の写真です。

  活動は、毎週木曜日の朝10時~12時で、会員で指導員先生が滑り方の指導を
  してくれたり、ホーメーションやポールなどでみんなで楽しみます。

log289-10-02-25-00%20%289%29.jpg

 写真は、世話好きで、素敵な滑りのY.Kさんが、撮影し皆に配布をしてくれました。

晴れたので富良野スキー場に行ってみました / ゲレンデはガラガラ

2010年03月13日

天気が良かったので、急遽、富良野スキー場へ行ってみました。

この時期、平日のスキー場はガラガラで滑走料金も割引券のお陰で一日券が
1500円(シルバー)と格安でした。

このスキー場、景色も良くコースも変化に富んでいて、楽しいスキー場です。

log304-10-03-12-00.jpg log304-10-03-12-00%20%281%29.jpg

    log304-10-03-12-00%20%282%29.jpg

     十勝連山も顔を出してくれて、我々のスキーを見守ってくれていた。

log304-10-03-12-00%20%283%29.jpg log304-10-03-12-00%20%284%29.jpg

    平日のスキー場、ゴンドラの中から見るゲレンデはガラガラでした。
    そんな中、修学旅行の生徒さんが楽しそうに、自衛隊のお兄さん?達が
    懸命に訓練をしていました。

     log304-10-03-12-00%20%285%29.jpg

 ワールドカップレディースダウンヒルコースの前で記念写真、上から覗いて
 別コースで下りました。

          log304-10-03-12-00%20%286%29.jpg

 スキーシーズンも間もなく終わります。
 今年も、夫婦で楽しく安全に自然の中を滑る事が出来ました。

 富良野スキー場には、我が家から車で一時間弱で行くことが出来ます。

 北海道の校外の道路事情は、主要道路の他に整備された農道が有ります
 信号も無いので車はスムースに移動出来て助かります。

 妻と二人で夕暮れの雪上散歩

2009年12月09日

   季節は冬、散歩も雪の上となり、妻と二人、夕暮れの散歩となりました。

log262-09-12-08-00.jpg

       log262-09-12-08-00%20%281%29.jpg

log262-09-12-08-00%20%282%29.jpg log262-09-12-08-00%20%283%29.jpg

冬の夕暮れは早く、家に戻って間もなく我が家のシンボルツリーに灯が入りました。

     雪は最高で膝の上ぐらいまで積もりますが、雪の深さに合わせて
     長靴から、ワカンやスノーシューの歩行に変わります。
     雪上の散歩、冬の生活の一部なのです。

  P.S.
   雪が深くなると、ワカヤや西洋ワカン(スノーシュー)を付けて雪の
   上を歩きます。
   ワカンは大型雑貨店で、何時でも安く手に入りますが、スノーシューは
   スポーツ具店で販売しています。

        log263-09-12-10-00.jpg

         スノーシューです。
         長ぐつでも、登山靴でも履く事が出来ます。

        log263-09-12-10-00%20%281%29.jpg

         ワカンも活躍しています。  

 北海道、自宅の玄関から行先の玄関までは、車なので雪道を歩く機会は
  多くは有りません。スノーシューやワカンは日常生活の中では履く事は
  ほとんど無く、家庭の常備品では有りません。

雪の公園散歩 / スノーシューを履いて雪上を歩きます

2012年01月03日

     東川町郊外の散歩、除雪した道路を歩くのも良いのですが、
     公園の積もった雪の中をスノーシュー(西洋かんじき)を
     履いて歩くのもまた、楽しいものです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 雪 上 散 歩

     log904-12-01-03-.jpg

               log904-12-01-03-2.jpg

           log904-12-01-03-3.jpg

     雪の中に突くストック、空いた穴の中に淡い青い光が輝きます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 町内の除雪風景

log904-12-01-03-4.jpg 

道路は町の除雪車が早朝除雪してくれますが、自宅の入り口や
駐車場などは住人が除雪します、小型の除雪機で除雪している
方を良く見かけます。      

log904-12-01-03-5.jpg log904-12-01-03-6.jpg

機械力の入らない所は、人力で除雪をします。

大雪山旭岳の雄大な眺め、真っ白な岳と大雪原 / 下りはスキーでゆったりと

2011年04月07日

    毎年、冬の大雪山旭岳へ快晴の日に雄大な景色を見に行く。
    旭岳温泉駅からボーダー・スキーヤーとケーブルで昇る。
    彼らは、姿見の駅から滑りに散って行く。
    私はひとり、雄大な景色をひとり占め出来る。
    目の前の景色、言葉が有りません。

    この景色を見ていると何故か元気が湧いてきます。
    
log732-11-04-05-00.jpg

log732-11-04-05-00%20%281%29.jpg

log732-11-04-05-00%20%282%29.jpg

log732-11-04-05-00%20%283%29.jpg

log732-11-04-05-00%20%284%29.jpg

  各ビューポイントで景色を見物しながら、のんびりとスキーで下りました。
  その横をスキーヤーが格好良く滑り抜けて行きます。

  山頂の住所?は東川町です。
  冬の時期、町民としてちょっぴり自慢のスポットです。

  スキーは5月連休まで滑れるそうです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

快晴の大雪山 早速、冬山観賞とスキーを楽しみに出かけました

2009年03月26日

雪雲が空を覆って、なかなか晴れてくれません。

ところが、朝起きたら快晴、予定を変更して、冬山観賞と
スキーを楽しむために、旭岳に向かいました。

紺碧の空、無風、真っ白な旭岳が我々を迎えてくれた。
お陰で、素晴らしい冬の大雪の山々を楽しませて貰いました。

午後の予定のため、温泉に入れずに帰って来たのが残念でした。

log134-09-25-01.jpg
 湖面は真白、大雪の山々も真白

log134-09-25-12.jpg
 旭岳温泉街から見た北海道最高峰の旭岳(2291m)

log134-09-25-03.jpg log134-09-25-04.jpg
     ゴンドラに乗って姿見駅へ      駅は雪の中でした

log134-09-25-05.jpg
 雪の旭岳です

log134-09-25-06.jpg
 十勝の山々が顔を見せてくれた

log134-09-25-07.jpg log134-09-25-08.jpg
 私と妻の記念写真

log134-09-25-09.jpg
 さあ、スキーを楽しもう

log134-09-25-10.jpg
 大自然の中のゲレンデ

log134-09-25-11.jpg
 途中、素敵な景色に出会いました


  

 

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)