「春は名のみの 風の寒さや・・・」そんな感じの東川町郊外

2017年03月27日

「春は名のみの風の寒さや」は、みな様 ご存じの早春賦の歌詞ですが

このところ、そんな感じの東川町の今です。

季節を肌で感じられるって、素朴に幸せですね。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

1673-17-03-27-01.jpg

     1673-17-03-27-02.jpg

1673-17-03-27-03.jpg

1673-17-03-27-04.jpg

       1673-17-03-27-05.jpg

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

朝の冷え込みもゆるみ、日中もプラスの6℃位まで上がり、太陽の光が

暖かく、目に見えて雪が融けていきます。

上着を着ないとちょっと寒いですが、自転車にも乗れる様になりました。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

(公開されません)

(HTMLタグ(b,i,br/,p,strong,em,ul,ol,li,blockquote,pre)が使えます)